くらし情報『無理はしない。体の声に正直に過ごす朝時間|幸栄さん朝美人インタビュー』

2017年12月27日 04:00

無理はしない。体の声に正直に過ごす朝時間|幸栄さん朝美人インタビュー

自分らしく心地よく朝時間を楽しんでいる方にお話をきく朝美人インタビュー。

今回はパンのレシピ本を何冊も出されている幸栄(ゆきえ)さんに、朝の過ごし方についてお聞きしました。冷えが気になってきた最近はあるものを毎朝飲むようにしているそうですよ。

目次

・File145 幸栄さん (ブーランジエール)
・毎日ごはんを炊くように、気軽にパンを焼く生活はいかがでしょう?
・朝美人のある一日の過ごし方


File145 幸栄さん (ブーランジエール)

無理はしない。体の声に正直に過ごす朝時間|幸栄さん朝美人インタビュー


高校卒業後、モデルとして広告等で活躍。長女を出産後、パン屋にて技術を学び、2010年より自宅でパン教室「toiro」を主宰。卵とバターを使わず、少ないイーストでじっくりと発酵させながら、最小限の道具でおいしく楽しく焼けるパン作りを大切にしている。パウンド型で焼けるおいしい食パン(家の光協会)、「ちょっとのイースト」で作るベーグルとピザの本(主婦と生活社)、最新刊「日々たんたんとパン」(光文社)など著書多数。二人の娘を持つ母でもある。
・パン教室toiro HP:http://toiroyukie.com/
・Instagram:@toiroyukie

まずは、幸栄さんの普段の朝の過ごし方について教えてください。

平日の朝は、恐ろしいほどにばたばたと過ぎてゆきます。

パン教室のある日は、早朝、生徒さんたちが焼いて食べるパン生地を人数分捏ねることから始まります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.