くらし情報『ロスコン・デ・レジェスで朝ごはん』

2018年1月7日 21:46

ロスコン・デ・レジェスで朝ごはん

1月6日公現祭の日に食べるロスコン・デ・レジェス。

ロスコン・デ・レジェスで朝ごはん


レジェスは“王様たち”の意味で、ここではイエス・キリストの誕生を知り
ラクダに乗ってはるばる贈り物を捧げに来た東方の三賢王のことです。

わが家では、前の晩に東方の三賢王が届けに来てくれたプレゼントを
開けた後に、朝ご飯として頂きます。スペインの伝統では、
クリスマスプレゼントは1月5日の夜にラクダに乗った東方の三賢王が
持ってきてくれるのです。

ロスコン・デ・レジェスで朝ごはん


中には陶器の小さな人形とそら豆が隠されています。
人形が当たった人は、王冠をかぶりその日は1日王様のように振舞え、
そら豆が当たった人はロスコン代を支払うと言われています。
今年は2つとも私に当たりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.