くらし情報『寒さに負けない!免疫力をつける「冬に食べたい食材」3つ』

2018年1月21日 00:00

寒さに負けない!免疫力をつける「冬に食べたい食材」3つ

目次

・1月21日:今日は「寒の土用丑の日」
・カラダの中から寒さ対策!「免疫力をつける食材」3つ
・「みかん」
・「ショウガ」
・「牡蠣」
・「寒の土用丑の日」とは?
寒さに負けない!免疫力をつける「冬に食べたい食材」3つ


1月21日:今日は「寒の土用丑の日」

夏にうなぎを食べて暑さを乗りきろう!という風習がありますが、実は冬にうなぎを食べよう!という「寒の土用丑の日」というものもあるんです。うなぎを食べてしっかり冬を乗りきるべく、今日はうなぎを食べてみませんか?

さて、寒い時期だと体調も崩れやすく、気分も上がらないこともありますよね。今日はうなぎ以外にも、冬に食べてスタミナをつけられる食材をご紹介します。

カラダの中から寒さ対策!「免疫力をつける食材」3つ

「みかん」

冬の定番である「みかん」。みかんには免疫力を向上させる効果が期待できたり、お肌に嬉しいビタミンが豊富に含まれているそうです。

カサカサお肌だと気分も上がらないですよね!風邪予防も兼ねてしっかりとビタミン摂取を心がけましょう。毎日のデザート代わりに食べると続けやすそうですよね♪

「ショウガ」

寒い毎日だと冷えて血行が悪くなりますよね。血行が悪くなるとむくみの原因になるし、老化を早めるともいわれています…。外から対策をするのもいいですが、できれば体の内側からも温めていきたいもの。

簡単にできてオススメなのが「ショウガ」を普段の食事に入れること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.