くらし情報『どっちがどっち?the otherとanother★ポートランドの朝』

どっちがどっち?the otherとanother★ポートランドの朝

2018年4月11日 05:00
 

おはようございます♬

4月は英語の勉強を頑張る月間として
今週もわかりにくい2つの英単語の違い特集。

「もう一方の/もう片方の」という意味を持つ
the other と anotherの微妙な違いについて。

その前に今日はポートランドの朝をご紹介♡

この間ポートランドに用事があった帰りに
最近話題のドーナツ屋さん
Pip’s Mobile Doughnuts and Chaiへ。

関連リンク

・クリスピー・クリーム母の日ドーナツ「ママ ボックス」ピンクリボンのスマイル&フルーツドーナツ
・MONSTA X、メンバーの新たな一面に驚き
・食べ歩き*街歩き@ロンドン


 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

the other とanotherよりも
気になっていた「ドーナツ」を意味する
Donuts と Doughnutsの違いも勉強してきましたよ♬

ウィキペディアによると
doughnuts はイギリス、donuts はアメリカの綴りとあるようですが
私があえて推したいのはこのサイトの説。

ざっくり言うとDoughnutsが短くなってDonutsに。
アメリカ以外ではDoughnutsの表記が未だ多く見られる
とのこと。最近はアメリカも原点回帰なのか
また『Doughnuts』の表記が増えてきてます。

 

と、いうことで本題へ。
まずは意外に複雑な『other』を簡単に説明。
otherは大きく分けると3つに
①other +複数名詞またはothers=他のいくつ(何人)かの~
②the other=もう1つ(1人)
※2つのものがあって、そのうちのもう片方を指すとき※
③the others=残り全部(全員)

そして④another=ほかの(どれでもいいから他の何か1つ)

わかりやすい例を挙げるとしたら
「別の映画を観ようよ」

選択肢が2つしかない状態で
②Let’s go to the other movie.

いくつか選択肢がある中で
④Let’s go to another movie.

 

「別の(味の)ドーナツをください」

味が2つしかない状態で
②Can I have the other donuts?

味が何種類(2種類以上)かある中で
④Can I have another donuts?

うーん、わかりやすくないような気がしてきました…
ので卑怯にもこの今朝のところはこのあたりで。

みなさま、どうぞSweetな1日を♡

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.