くらし情報『焼きクロワッサンはスペインのオリジナル?』

焼きクロワッサンはスペインのオリジナル?

2018年2月18日 22:43
 

前回に引き続き、クロワッサンの話です。

もともとクロワッサンは焼いてつくるものなので、
焼きクロワッサンという言い方に違和感を感じるかもしれません。
が、スペインでは既にできあがっているクロワッサンを
再び焼いて食べるのです。

それはクロワッサン・ア・ラ・プランチャ。
バルやカフェで見かける朝ご飯です。

クロワッサンを横半分に切り、フライパンや鉄板で両面をジュッと焼きます。
たいていはギュッと押し付けるので、ペチャンコになって出てきます。
これにバターやジャムをぬって、「いただきまーす」

関連リンク

・足元から夏を先取り!さりげなくお洒落になる”サンダル”の上手な選び方
・【マリメッコ】をインテリアにプラス☆テイストやシーンに合わせた柄選びをしてみよう
・モダン様式のお手本的存在!北欧デザインの巨匠アルネ・ヤコブセンのあるインテリア
焼きクロワッサンはスペインのオリジナル?


最近は少なくなった香ばしさのないスペイン式のおいしくないクロワッサンは、
焼きクロワッサンにするとおいしくなります。

お家で簡単にできるので、試してみてくださいね。

でもこの焼きクロワッサン、本場のフランスにも存在するのでしょうか???


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.