くらし情報『春こそ注意!「脱水症状」が起こりやすい理由と対策のヒント』

春こそ注意!「脱水症状」が起こりやすい理由と対策のヒント

2018年3月7日 00:00
 

目次

・3月7日:今日は「サウナの日」
・今から対策しよう!「脱水症状」を防ぐヒント
・「サウナの日」とは?
春こそ注意!「脱水症状」が起こりやすい理由と対策のヒント


3月7日:今日は「サウナの日」

体が温まり、汗をかくことでスッキリするサウナ。サウナが大好き!という方も多いと思います。汗をかくと老廃物が排出でき、ストレス解消につながることがありますよね。

さて、3月に入ると急に気温が上がる日が増えてきますよね。寒い冬が終わった〜と思うと嬉しくなるものですが、同時に気をつけたいのが、「脱水症状」。

カラダのだるさや目まい、頭痛などさまざまな症状を引き起こす「脱水症状」は、実は春こそ起こりやすいのだとか…!

今から対策しよう!「脱水症状」を防ぐヒント

気温が高い夏は、常に水分を持ち歩いたり、「脱水症状」に気をつけよう!と心がけますよね。

でも、まだ「暑さ」までは感じない春は、夏ほどの水分補給を気をつけることがないため、急な暑さで脱水症状になってしまった…というケースがあるようです。

季節の変わり目は特に気候が不安定になりがち。寒暖差が激しいので、真夏や真冬以上に、体の温度調整により気をつける必要があると言えるのかも。

「まだまだ寒いし…」と思わず、今の時期から、出かけるときはお水やお茶を持ち歩く、寝る前や朝起きたときにコップ1杯のお水を飲む、加湿器を使い部屋の湿度を保つ…など、こまめな水分補給に気をつけるようにして、なるべく体が乾かないことを心がけてくださいね!

特に朝ランやヨガなどスポーツやエクササイズをする場合は、「塩飴」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.