くらし情報『暮らしが面白いように巡りだす!書籍「人生を変える『断捨離』」』

暮らしが面白いように巡りだす!書籍「人生を変える『断捨離』」

2018年3月9日 04:00
 

本連載「モーニング・マルシェ」では、朝時間.jp編集部がセレクトした、朝が楽しくなるアイテムを紹介します!

片づけるべきはモノだけじゃない!「人生を変える『断捨離』」

関連リンク

・セリアのアイアンアイテムが収納のプチストレスを解消!活用法3つ
・大人の発達障害「片づけが苦手な人」が悩まないための“上手に暮らす”テクニック
・心理学で片付けが習慣づく!? ハーバードの論文を応用した方法とは?【後編】
暮らしが面白いように巡りだす!書籍「人生を変える『断捨離』」


人生を変える断捨離 ¥1,620(※記事公開時の価格です)

今では片付け術として広く知られるようになった「断捨離」。

この書籍は、「断捨離」の提唱者であるやましたひでこさんの最新作で、片付け術としての断捨離の基本を押さえながら、断捨離の本質「出す美学」に迫る、集大成の1冊となっています!

断捨離の目的はただ不要なものを捨てることではなく、「出す」ことで身も心も軽くなり、本当に大切なものだけが手に入る暮らしを手に入れること。

モノを捨てることは「断捨離」のほんの一部。ごきげんに過ごすための「暮らしの新陳代謝」は、思考の断捨離とモノの断捨離を同時に進めることで生まれるのだとか!

こちらの本で紹介されている、捨てる抵抗の少ないものから少しずつ取りかかれる「モノの断捨離」法もお見事なのですが、私(編集部スタッフN)の心に刺さったのは、「思考の断捨離」の「自己否定をやめる」ステップ。

片づけられない自分をダメだと思うことは、片づかない現実にダメージを受けている自分をさらに傷つけて、心地よい暮らしから遠ざけることになってしまうのだそう。”モノも情報もあふれる時代だから、正しいメソッド無しではモノが増えてしまうのは当然で、あなただけの責任ではない”という言葉に、心がスッと楽になりました♪

また、捨てていく作業だけに、「引き算」のイメージを持ってしまいがちな断捨離ですが、実はその捨てる作業を進めるときに大切なのは「加点法」!つまり、「できたこと」にフォーカスして毎回しっかり自分を褒めることが大切なのだとか。ごきげんな暮らしは、足し算で作られていくんですね♪

正しく断捨離を実践して「出す」「入れる」の新陳代謝サイクルをきちんと整えられたら、毎日の暮らしが心地良いものになりそう!

この本と一緒にモノと思考を整理して、もっとごきげんな暮らしを手に入れてみませんか?

人生を変える断捨離 ¥1,620(※記事公開時の価格です)

暮らしが面白いように巡りだす!書籍「人生を変える『断捨離』」
商品詳細・購入はこちら(amazon.co.jpへ)>>

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.