くらし情報『自分の人生まで変わる!?「応援すること」の大切さ』

自分の人生まで変わる!?「応援すること」の大切さ

2018年3月11日 00:00
 

関連リンク

・DJ KOOもライバーに!? 将来の“ぶっ飛んだスター”を発掘『17 Live×avexオーディション』開催
・井上和彦&かないみか『緊急地震速報アプリ』の音声に登場
・ディーン・フジオカ、インドネシア舞台の映画出演は「父親として模範になるため」
自分の人生まで変わる!?「応援すること」の大切さ


3月11日:今日は「おうえんの日」

2011年に発生した東日本大震災から7年が経過しました。今日は、今生きている人たちが小さな一歩を踏み出そうとする人を、愛を持って応援することを目的とされた日です。

さて、人がなにかを始めるとき、人が成功をしたとき、「頑張って!」「おめでとう」と言える心をいつまでも持っていたいものですよね。

今日は「応援をすること」の大切さについてご紹介させてください。

自分の夢まで叶う?「応援すること」の大切さ

普段生活をしていると、人を応援したり、認めるシーンが多いと思います。

社会人の場合は、部下や同僚を応援することがありますよね。しかし、嫉妬、妬みなど、「素直に応援できない…」というシーンは少なからずあるのではないでしょうか?

そんなときに、そっけない態度をとってしまいがちですが、そんなときこそ、ポジティブな言葉で「よかったね!」と応援できる自分でいたいもの!

人間なので調子の悪いときはもちろんありますが、人に「よかったね」「頑張って」とプラスの感情を口に出すことって案外効果があるんです。

私も昔は、もやっとした感情を持つことがあったのですが、そういった場合、自分のことがあんまり好きになれず、どんどんネガティブになるケースが多かったです。

口から「なんであの子だけ」「私はどうせ…」などのネガティブ発言をしていると、表情も暗くなるし、もったいないことばかり!

自分が発する言葉って、自分自身を作っていくものだと思うので、私はなるべく「ポジティブ」な言葉を発言するように心がけています。

ポジティブな言葉を意識すると、自然とまわりにもポジティブな人が増えてくるんですよね。自分の表情も明るくなるし、まさにイキイキとしてチャンスを掴める確率が上がります。

結果的に、自分が応援されているケースにつながっていた…ということも!

いろんな感情を抱えてしまうこともありますが、まずは、素直に相手を認めてみる、応援をしてみる!自分のやるべきことをコツコツ積み重ねていけば、きっと道は開いていくのかな?と思います♪

「おうえんの日」とは?

山下翔一(株式会社ペライチ)、柚木昌宏(bondclub)、高田洋平(マネバナ)の3氏が制定。2011年3月11日に発生した東日本大震災では多くの人が亡くなった。その日を忘れることなく、今生きている人たちが小さな一歩を踏み出そうとする人を愛を持って応援することで、人の優しさにあふれる日とするのが目的。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.