くらし情報『これならできる!「一汁三菜」を毎日ラクに続けるためのヒント3つ』

これならできる!「一汁三菜」を毎日ラクに続けるためのヒント3つ

2018年3月13日 00:00
 

目次

・3月13日:今日は「一汁三菜の日」
・コツは「じょうずな手抜き」!一汁三菜ごはんを続けるヒント3つ
・【1】メインは「焼くだけ」「炒めるだけ」
・【2】「作り置き」「市販品」「加熱不要のおかず」を活用
・【3】汁物は「お椀で作る」
・「一汁三菜の日」とは?
これならできる!「一汁三菜」を毎日ラクに続けるためのヒント3つ


3月13日:今日は「一汁三菜の日」

日本食で定番の「一汁三菜」。ご飯、汁もの1品、おかず3品で作られた献立です。

一品メニューとは違い、食卓が華やぐ+栄養バランスが整うのが魅力ですが、献立を考えて、調理して、並べて…と考えると、毎日続けるのは結構ハードルが高いものですよね。

今日は、そんな「一汁三菜」スタイルをストレス無く続けるためのヒントを調べてみました!

コツは「じょうずな手抜き」!一汁三菜ごはんを続けるヒント3つ

【1】メインは「焼くだけ」「炒めるだけ」

まず、頭を悩ませがちな、メインとなる主菜。

お料理に慣れていない人こそ、まずは比較的簡単にできる「焼くだけ」「炒めるだけ」を意識しましょう!

例えば豚肉や鶏肉、牛肉、ベーコンなどを「焼くだけ」。残った野菜とお肉や卵を「炒めるだけ」。味つけは、塩・コショウをキホンに、ある日は酒や醤油を加えたり、にんにく、オイスターソースをプラスしてみたり。焼肉のタレを使うのも簡単でおすすめです。

また、お魚も同様に「焼く」だけ!鮭やさんま、さば、干物など、もともと塩をしてあるものなら焼くだけなのでとっても簡単♪

煮物は調理が面倒だったり、揚げ物は衣をつけたり油の処理が大変ですが、焼く&炒めるならシンプル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.