くらし情報『【クイズ】その発音では通じません!日本人が間違いやすい英単語5つ』

【クイズ】その発音では通じません!日本人が間違いやすい英単語5つ

2018年3月14日 04:00
 

毎週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

関連リンク

・頼まれたときの「了解」を英語で言うと?
・「動物園」を英語で言うと?
・人気映画のタイトル「アベンジャーズ」の意味って?
発音を間違えやすい英単語


【クイズ】その発音では通じません!日本人が間違いやすい英単語

今回は、「日本人が発音を間違って覚えやすい英単語」をクイズ形式でご紹介。

英語ネイティブの外国人と何度話しても通じないのは、「発音」が原因かもしれません。以下の単語は日本語としてもよく使われていますが、それぞれ何と発音するかわかりますか?

【問題1】allergy(意味:アレルギー
【問題2】fast food(意味:ファーストフード)
【問題3】marathon(意味:マラソン)
【問題4】width(意味:横幅)
【問題5】loose(意味:ずぼらな、無責任な)

いかがでしょうか?

これらの単語はいずれも日本語読みで話しても、ネイティブには伝わりません。

正しい発音は、こちら♪

【答え1】アラジー(×アレルギー

ついついアレルギーと言ってしまいそうですが、要注意。

【答え2】ファストフード(×ファーストフード)

日本語ではファーストと伸ばしますので、first foodと間違われがちですが、速いという意味のfastを使ってfast foodが正しい英語です。

【答え3】メラソン(×マラソン)

アとエの間のような発音になります。

【答え4】ウィドゥス(×ワイズス)

日本語では横幅のことをワイズと言うので気を付けましょう。

【答え5】ルース(×ルーズ)

「ルーズな性格」などと言いますが、英語ではスの音になります。

単語を覚える時にはぜひ発音も一緒にチェックしてみてください♪

(記事協力:シャドースピーキング事務局)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.