くらし情報『手で料理すれば、もっとおいしい!平松洋子のレシピ付ごはんエッセイ』

手で料理すれば、もっとおいしい!平松洋子のレシピ付ごはんエッセイ

2018年3月13日 18:00
 

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『世の中で一番おいしいのはつまみ食いである』。

キャベツをちぎり、豆腐を崩し、いわしを開く。ポテトサラダもガスパチョも手でつぶして作ればとびきりの味。

それから、自分の手と指でこしらえた料理をちょこっとつまみ食い。エッセイストの平松洋子が手を使って料理をするよろこびを伝えます。

関連リンク

・田中道子“カフェラテ好きすぎ”な食生活を改善「49kgまで太りました」
・北欧風カフェが「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」にオープン!
・メロンスイーツが3,000円で食べ放題!贅沢すぎるホテルブッフェ
手で料理すれば、もっとおいしい!平松洋子のレシピ付ごはんエッセイ

『世の中で一番おいしいのはつまみ食いである』
著者:平松洋子
出版社:文藝春秋

たとえば、ちぎる。著者はキャベツをどんどんちぎる。ちぎってちぎりまくるのは、自分でもやめられないほど気持ちいい。それにちぎったキャベツの味は驚くほどにおいしいのです。

まな板一枚なくてもおいしい料理ができると張り切る平松さん。手で割ったピーマンの甘さ、手で裂いた白菜のやわらかな舌触り、手でちぎったハーブの沸き立つ香り。包丁に頼らず手を使って料理をすれば、食材のもつ本来の味と出会えることにも気づきます。

素材に寄り添いながら、手を使って作ったごはんは素朴でおいしい。思いきりよく大胆に料理をしたくなる本。豪快なエッセイをどうぞ。

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.