くらし情報『【日曜日の絵本】眠る前に読みたい本『ぼく、お月さまとはなしたよ』』

2018年3月18日 17:20

【日曜日の絵本】眠る前に読みたい本『ぼく、お月さまとはなしたよ』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、日曜日の絵本。

お月さまに誕生日の贈り物をあげたいな。クマくんのかわいい願いは叶うでしょうか。夜、おやすみ前にゆっくりとめくりたい絵本です。

【日曜日の絵本】眠る前に読みたい本『ぼく、お月さまとはなしたよ』


ある夜、クマくんはお月さまを見上げて考えます。お月さまの誕生日っていつだろう。なにをあげたらいいかしら。

木に登ったクマくん、お月さまに話しかけます。「こんばんは、お月さま!」お月さまの返事は聞こえません。もっと近くに行こうとクマくんは、船をこいで川を渡って森を抜けて……。

そんなクマくんをお月さまはずっと見守っています。ぼくやあたしが眠っている間、お月さまが見ていてくれると思うとすっかり安心して眠れます。いい夢も見られそう。

月を見上げるとき、私も心の中でお月さまとお話していると気づきました。こんばんは、お月さま。今日はこんなことがありました。明日もいい一日でありますように。おやすみなさい、お月さま。

みなさんは、お月さまにどんな誕生日プレゼントをあげたいですか。

【日曜日の絵本】眠る前に読みたい本『ぼく、お月さまとはなしたよ』

『ぼく、お月さまとはなしたよ』
著者:フランク・アッシュ/翻訳:山口文生
出版社:評論社

イマジネーションが広がる日曜日。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.