くらし情報『新生活はリズムが乱れがち!「体内時計」の整え方3つ』

新生活はリズムが乱れがち!「体内時計」の整え方3つ

2018年3月31日 00:00
 

目次

・3月31日:今日は「体内時計の日」
・今日からできる!「体内時計」の整え方3つ
・【その1】朝日を浴びる
・【その2】規則正しく食べる
・【その3】寝る前にブルーライトを浴びすぎない
・「体内時計の日」とは?
新生活はリズムが乱れがち!「体内時計」の整え方3つ


3月31日:今日は「体内時計の日」

1日の体のリズムを刻む体内時計。不規則な生活などで体内時計がずれてしまうと、夜眠れなくなったり、生活習慣病の原因にもなるといわれています。

リズムが乱れがちな新生活シーズンの今日は、この体内時計の整え方について調べてみました!

今日からできる!「体内時計」の整え方3つ

【その1】朝日を浴びる

体内時計を整えるために、まず試したいのが「朝日を浴びる」こと。

体内時計は、朝起きる、昼は活発に過ごす、夜は眠くなるといった健康的なリズムを自然と作ってくれるものなんだそう。そのリズムが、ストレスや生活習慣の乱れによってズレてしまうと、不調をもたらしてしまいます。

朝起きたら、眠くてもカーテンを開けて少しだけ朝日を浴びてみましょう♪浴びることで「朝がきた!」と体が認識してくれて、リズムが整っていくそうです♪

【その2】規則正しく食べる

一日一食しか食べなかったり、お菓子や炭水化物だけで食事を済ませていませんか?食事が不規則なことも体内のリズムが崩れるそう。

規則正しくバランス良い食事をすることで、体が目覚めやすくなり、活動量もアップ!

「3食とも自炊にして、野菜もとって…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.