くらし情報『覚えておきたい英語表現「get on a bus」の意味は?』

覚えておきたい英語表現「get on a bus」の意味は?

2018年4月3日 04:00
 

毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日常の会話シーンにでてくるリアルで簡単な英語表現をご紹介します♪

目次

・覚えておきたい英語表現「get on a bus」の意味は?
・今日のキーフレーズ
覚えておきたい英語表現「get on a bus」の意味は?


覚えておきたい英語表現「get on a bus」の意味は?

今日覚えたいキーフレーズは、ランチ中に犯行現場に遭遇したアナが、ニュースレポーターのインタビューに答えるシーンからピックアップ。

Guy: Were you afraid?(怖かったですか?)Anna: I had no time to be afraid, Guy. Well, I had time while I was resting on a bench. I had a lot of time.(怖がっている時間なんてなかったわ、ガイ。まあ、ベンチで休んでいたときは時間があったけど)Guy: Then what happened?(それで何があったのですか?)Anna: The robbers got on a bus. So, I ran after the bus.(強盗はバスに乗ったの。だから私はバスを追いかけた)
訳:コスモピア編集部VOA Learning Englishより

今日のキーフレーズ

「怖い」を表す英単語といえば “afraid” 。「怖かったですか?」は “Were you afraid?” 、「(私は)~が怖い」は “I am afraid of ~” などと表現できます。

また、”get on a bus” は「バスに乗る」 という意味の定番フレーズ。海外旅行に行く前に覚えておきたい表現の一つです♪

(コンテンツ公式提供:コスモピアeステーション「eステ」)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.