くらし情報『英会話でよく使われる「Things are great」の意味って?』

英会話でよく使われる「Things are great」の意味って?

2018年4月9日 04:00
 

毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日常の会話シーンにでてくるリアルで簡単な英語表現をご紹介します♪

関連リンク

・覚えておきたい「お祝いする」の英語表現♪
・英会話に出てくる「Ready to go」の意味とは?
・「もううんざり!」を英語で言うと?
英会話でよく使われる「Things are great.」の意味って?


英会話でよく使われる「Things are great」の意味って?

今日覚えたいキーフレーズは、お財布をなくしたアナがジョナサンに助けを求めるシーンからピックアップ。

Anna: Hi, Jonathan! How’s it going?(ハイ、ジョナサン!どうしてる?)Jonathan: Hey, Anna. Things are great. What’s up?(やあ、アナ。元気にしてるよ。どうしたの?)Anna: Well, I was wondering if you could give me some money.(あのね、すこし現金をくれないかと思ってたんだけど)Jonathan: What?(何だって?)
訳:コスモピア編集部VOA Learning Englishより

今日のキーフレーズ

“How’s it going?” は「どうしてる?」「元気?」という意味で、親しい友だち同士の挨拶でよく使われる決まり文句。

また、それに対する答え方にはいろいろなバリエーションがありますが「元気だよ」「いい感じだよ」というニュアンスの “Things are great.” は、その中でもよく使われる定番フレーズです♪

(コンテンツ公式提供:コスモピアeステーション「eステ」)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.