くらし情報『和のお弁当やおそうざいのこと。台所しごとのヒントが見つかる一冊』

和のお弁当やおそうざいのこと。台所しごとのヒントが見つかる一冊

2018年4月5日 17:30
 

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『暮しの手帖』。

春号の料理特集は、しみじみおいしい和のお弁当や塩豚のおそうざい。ほかにもあれこれ楽しい話題がたくさん。一日のおわりにゆっくり読みたくなります。

和のお弁当やおそうざいのこと。台所しごとのヒントが見つかる一冊

『暮しの手帖 4-5月号』
出版社:暮しの手帖社

ツバメが忙しそうに飛んでいます。山は明るい緑に色づいています。今日も台所から一日がはじまります。

『暮しの手帖』の最新号に、そんな春の朝の空気を感じました。料理人の後藤しおりさんが作るのは、昔ながらのおかずのお弁当。みずみずしい彩りの菜飯弁当や愛らしいおにぎり弁当など、「しみじみおいしい和のお弁当」のレシピを紹介しています。ゆっくりていねいに作るお弁当から「家のごはんのようにほっと安心するものを作りたい」という心づかいが伝わってきます。

それから、塩豚のおそうざいや世界各国のイカ料理、2種類のチーズを味わうチーズケーキの作り方と、おいしいレシピが満載です。

私はとくに、団地の一角で花屋さんを営むひとりの女性のストーリー「団地の花屋」がとても心にしみました。お弁当のおかずや料理のレシピ、旅先の写真の向こうに、さまざまな暮らしがあると教えてくれる一冊です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.