くらし情報『お店の味みたいなおいしさ♪「貝の缶詰」活用のすすめ』

お店の味みたいなおいしさ♪「貝の缶詰」活用のすすめ

2018年4月8日 00:00
 

目次

・4月8日:今日は「貝の日」
・おつまみもアレンジメニューも楽々♪貝の「缶詰」を使ってみよう!
・「貝の日」とは?
お店の味みたいなおいしさ♪「貝の缶詰」活用のすすめ


4月8日:今日は「貝の日」

新鮮なまま食べたり、焼いたり、蒸したりとアレンジがきく貝料理。歯ごたえがあるものや、クリーミーなものなど、幅広い貝がありますよね!

さて、そんな貝料理ですが、案外高価だったり、自分で作るのは難しいと考える人もいるのでは?

そんなときは、貝の缶詰を試してみませんか?

おつまみもアレンジメニューも楽々♪貝の「缶詰」を使ってみよう!

缶詰と言えば、安価で長期保存OK、さらにバリエも豊富。忙しいときの食事にとっても便利ですよね!そんな缶詰の中で、最近私が注目しているのが、魚介、中でも「貝」の缶詰なんです。

例えば、牡蠣を使ってアヒージョにしたり、ほたてを燻製にしたりと、手の込んだものがたくさん販売されているんですよ~。

そのままおつまみにしてもいいですし、食事の一品メニューとしても利用できます。忙しいときでも、温めるだけなのでさっと食べることが可能。

また、缶詰を使ったアレンジメニューも簡単なので、食事作りが楽になるかも!油を一緒に使ってぺペロンチーノを作ったり、サラダのトッピングとして使用するアレンジもありますよ♪

自分で貝を買ってきて、塩抜きして、調理してと考えると面倒になりがちですが、缶詰を使うと本当に楽々。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.