くらし情報『「聞き取れない…」そんなときに使えるビジネス英語フレーズ6選』

「聞き取れない…」そんなときに使えるビジネス英語フレーズ6選

2018年4月11日 04:00
 

毎週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

会議で「話が聞き取れない…」そんなときに使えるビジネス英語フレーズ6選

関連リンク

・エキゾチックなお部屋にしよう♡モロッコ風インテリアに見せるコツをご紹介!
・今度の週末はピクニックへ。ピクニック気分を盛り上げる雑貨たち[PR]
・程よいゆるさで抜け感を作る。着回し力で選ぶならテーパードパンツを取り入れよう!


英語の会議では、話についていけなくて困る場合も多いと思います。

そんな時は以下のフレーズを使って、理解できるまで確認しましょう。

【1】“Sorry, I’m not following you.”「すみません、話についていけていません」

【2】“I’m not sure if I understand correctly.”「正しく理解できていないかもしれません」

【3】“Sorry, I’m a bit lost.”「すみません、少し混乱しています」

これらは話を理解できていなかったり、少し分からなくなった時に使えるフレーズです。また、電話会議で音声が聞きづらい時は

【4】“There’s a lot of background noise.”「雑音がすごいです」

【5】“I can’t hear you clearly.”「声がよく聞こえません」

などと状況をきちんと伝えましょう。もう少しゆっくり話してもらいたいのであれば

【6】“Could you speak more slowly?”「もうすこしゆっくり話していただけますか?」

と伝えればOKです。

これらのフレーズを上手く活用して、コミュニケーションのミスを防ぎましょう!

(記事協力:シャドースピーキング事務局)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.