くらし情報『イライラ予防に効果あり!?「朝食」をとるメリット3つ』

イライラ予防に効果あり!?「朝食」をとるメリット3つ

2018年4月11日 00:00
 

関連リンク

・グッチから“オーディオカセットのパッチ”付きバッグ、中目黒ワルツ・グッチ プレイスで先行発売
・無限に「しっぽ」を愛でられる! 斬新すぎるガジェット7選
・パパっとできちゃう!「きゅうり」のおつまみ簡単アレンジ3つ


4月11日:今日は「しっかりいい朝食の日」

朝起きて朝食を食べることが習慣になっており、「朝食が楽しみ♪」と感じている方も多いと思います。

しかし、仕事が忙しかったり不規則な生活が続いて、朝食をしっかりと食べられていないという方も多いのでは?

私自身が実感していることですが、健全な心とカラダのために、朝食はやっぱり欠かせないと思います!今日は、そんな朝食のメリットについてのおさらいを♪

イイこといっぱい♪「朝食」を食べるメリット3つ

【1】「集中力」アップ!「イライラ」防止!

朝食でご飯やパンを食べることで、脳のエネルギーとなるブドウ糖が摂取できるといわれています。ブドウ糖を摂取することで、集中力が高まったり、記憶力が向上したり、イライラを防ぐ効果があるのだとか。

朝食を抜くとなんとなく体がだるかったり、頭がぼんやりとしてしまう方も多いと思います。イライラしてしまうという場合も、脳のエネルギーが切れてしまうことで起こるのだそう。

午前中からしっかり動けるように、朝食はぜひ食べたいものですね!

【2】「肥満」を予防!

朝食を抜いた場合、ランチでドカ食いしてしまった経験、あるあるではないでしょうか?お腹が空いた状態で、たくさん食べてしまうと体内に吸収して脂肪になりやすいといわれています。

結果、肥満につながってしまうので、朝食は侮れないですよね。

【3】「便秘」を解消!

朝食を食べることで、腸が刺激され、便秘解消にもつながるそう。体内のリズムも整うので、自然な排便習慣を作ることができますよ!

便秘で悩んでいる方は、ぜひ意識してみては?

いかがでしょうか?朝食は食べるだけなのに、体に嬉しいメリットがたくさんありますよね。

普段朝食を食べていない人が、いきなり毎日食べるのは難しいかもしれません。その場合は、「野菜ジュースだけ」「市販のパンだけ」「ヨーグルトだけ」でもいいので、まずは朝に食事をするという習慣をつけてみましょう。

新年度で生活習慣が乱れがちだからこそ、しっかり意識してみたいものですね♪

「しっかりいい朝食の日」とは?

グラノーラの日本トップシェアブランド「フルグラ®」を国内で展開するカルビー株式会社が制定。新学期のスタートや入園、入学といった新しい生活が始まる忙しい4月にしっかりといい朝食をとってもらうのが目的。日付は「し(4)っかりいい(11)朝食」の語呂合わせから。4月11日は「ガッツポーズの日」でもあり、しっかりいい朝食で元気にガッツポーズをという意味も込められている。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.