くらし情報『気をつけて!実はNGな「Please」の使い方【ビジネス英語レッスン】』

気をつけて!実はNGな「Please」の使い方【ビジネス英語レッスン】

2018年4月18日 04:00
 

毎週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

関連リンク

・「他におすすめは?」を英語で言うと
・「変わっている」を意味する英単語といえば?
・“王”浦井健治、“悪童”岡本健一、『ヘンリー五世』で背負うドラマ
気をつけて!実はNGな「Please」の使い方【ビジネス英語レッスン】


気をつけて!ビジネスシーンでの「Please」の使い方

中学校で習った、お願いする時の英単語 “Please“。実は、ビジネスで使う場合は要注意の英単語です。

例えば、お取り引き先へのメールに

Please send us the report by Wednesday.(水曜日までに資料を送ってください)

などと書いたことはないでしょうか?

このメールを受け取った方は、もしかしたら気分を害されてしまったかもしれません。

実は、”Please” は「~してね」に近い、かなり直接的でドライなニュアンスなので、特に社外へのメールに使用するのは適切ではありません。

ビジネスでの依頼には、丁寧で相手を気遣った表現を使うようにしましょ う。この場合は

I would appreciate it if you could send us the report by Wednesday.(水曜日までに資料をお送りいただけると助かります)

と言えば、相手の方も気持ちよくお仕事していただけます。皆さんもビジネスシーンで ”Please” を使用するときはお気をつけください!

(記事協力:シャドースピーキング事務局)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.