くらし情報『【日曜日の絵本】いつも一緒に持ち歩きたい!小さいサイズの絵本3選』

2018年4月15日 14:40

【日曜日の絵本】いつも一緒に持ち歩きたい!小さいサイズの絵本3選

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、日曜日の絵本。

小さめのかわいいサイズの絵本なら、どこにでも持っていける。カバンの中に好きな絵本が入ってるとうれしい。通勤や通学にも持っていきたい。旅先に一冊持っていくとなんとなく安心。そんな小さな絵本3冊を選びました。

子どもの時間。

絵本作家・酒井駒子が子どものひとりの時間を幻想的に描く。お昼寝している小さな女の子のもとには、いろいろなお客がやってくる。庭のチョウやカマキリ、タンポポの種や小鳥たちも次々に飛んできて……。

子どもの頃の遠い記憶にふわんと包まれる一冊です。

目次

・子どもの時間。
・猫の夢と冒険。
・いつも一緒に。
【日曜日の絵本】いつも一緒に持ち歩きたい!小さいサイズの絵本3選

『金曜日の砂糖ちゃん』
著者:酒井駒子
出版社:偕成社

猫の夢と冒険。

江國香織荒井良二が贈る絵本。猫のハスカップはまるくなって眠ってばかり。いつも夢に出てきたきれいなピンクの壁がモンテロッソにあると知ったハスカップは、幸せな暮らしに別れを告げて……。

まばゆい絵にうっとり。心はピンク色に染まります。最高にチャーミングな物語を文庫本で楽しめます。

【日曜日の絵本】いつも一緒に持ち歩きたい!小さいサイズの絵本3選

『モンテロッソのピンクの壁』
作:江國香織/絵:荒井良二
出版社:集英社

いつも一緒に。

ひとり暮らしのおじいさんと年老いた雌猫を描いたストーリー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.