くらし情報『『こんなまちに住みたいナ』絵本のなかに暮らしのヒントが見つかる本』

2018年4月25日 18:35

『こんなまちに住みたいナ』絵本のなかに暮らしのヒントが見つかる本

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『こんなまちに住みたいナ』。

みんなが住んでみたくなるのはどんな町?絵本の世界を通して、まちづくりやコミュニティのありかたを見つける一冊です。

『こんなまちに住みたいナ』絵本のなかに暮らしのヒントが見つかる本

『こんなまちに住みたいナ』
著者:延藤安弘
出版社:晶文社

こんなまちに住んでみたいなあ。絵本をめくりながら、想像をふくらませます。もし、ここに私が暮らしていたなら、この小道を抜けて、野原に寄り道をして、あの店でアイスクリームを買って……。空想はどこまでも広がっていきます。

著者はコーポラティブハウスや地域づくりに長年携わってきた「まち育て」の達人。絵本のコレクターでもあります。『ぼくの庭ができたよ』『としょかんライオン』『道はみんなのもの』など、国内外のすぐれた絵本を通して、まちづくりや暮らしを育むための知恵を紹介しています。

庭づくりやまちの再生、さまざまな家族の暮らしや近所の人との交流を描いた絵本の世界が伝えるもの。たとえばそれは、子どもから高齢者まで多くの世代の人たちがゆるやかに出会える場所。誰もが自分の居場所があると安心して暮らせる場所。絵本に描かれた楽しげなまちや生き生きとした人々を見ていると、自分の暮らしたい場所に望むのは、とてもシンプルなことなのだと気づきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.