くらし情報『ちゃんと知ってる?おさらいしたい「子どもの日」豆知識』

2018年5月5日 00:00

ちゃんと知ってる?おさらいしたい「子どもの日」豆知識

目次

・5月5日:今日は「こどもの日」
・お母さんに感謝する日でもあった!「子どもの日」豆知識
・「子どもの日」とは?
・どんなことをするの?
・「こどもの日」とは?
ちゃんと知ってる?おさらいしたい「子どもの日」豆知識


5月5日:今日は「こどもの日」

子どもの日といえば、鯉のぼりや五月人形を飾ったり、柏餅を食べるイメージがありますよね♪

しかし、実際にどんなことを行う日なのか、なんとなくしか知らないかも…という方も多いのではないでしょうか?

今日は、「子どもの日」の基本をおさらいしてみませんか?

お母さんに感謝する日でもあった!「子どもの日」豆知識

「子どもの日」とは?

もともと「子どもの日」は、古来より「端午の節句」として男子の健やかな成長を願う行事として行わていたそうです。

しかし、1948年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」として、祝日と定められてからは、男女問わず、子どもたちをお祝いするようになりました♪

どんなことをするの?

具体的に子どもの日には、「鯉のぼりを飾る」「柏餅を食べる」「五月人形を飾る」などが行われます。

鯉のぼりは、江戸時代に始まった習慣といわれています。当時は乳幼児の死亡率も高かったことから、子どもの成長や出世を願って、中国より「立身出世の象徴」として考えられてきた、鯉の滝登りにちなんで飾られるようになったんだとか。

また、柏の葉は、次の新芽が出るまで落ちないということから、子孫繁栄の意味が込められ、古くから縁起のいいものだったそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.