くらし情報『気恥ずかしい一言、あるある!益田ミリのエッセイ『言えないコトバ』』

2018年5月1日 18:00

気恥ずかしい一言、あるある!益田ミリのエッセイ『言えないコトバ』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『言えないコトバ』。

人気イラストレーターの益田ミリさんが「言えない一言」についてつづったコミックエッセイ集。「おひや」「おもてなし」「サプライズ」「降りてくる」「元気だけが取り柄です」など、みんながよく使っているのに、ミリさんは口にできない。そのワケは……?

気恥ずかしい一言、あるある!益田ミリのエッセイ『言えないコトバ』

『言えないコトバ』
著者:益田ミリ
出版社:集英社

言葉に出そうするとムズムズする。こそばゆい。気恥ずかしい。そんなやっかいな言葉ってけっこうあります。

益田ミリさんの「言えないコトバ」のひとつは、おひやください。家では水と呼んでいるものを、外で「おひや」とよそいきの名前に言い換えるのがなんとなく照れくさい。

自分のキャラクターに合わないとか、世代によって使わないとか、言えない理由はいろいろあるけれど、ミリさんは「気恥ずかしさ」にとくにとまどいを感じてしまうのかもしれません。カフェより喫茶店、スイーツより甘い物。パン屋さんで「バゲット」の一言が照れくさくて、他のパンを買った経験もあるそうです。

「あの人ってつかえない」「あの人、痛いよね」……。こういう一言は軽々しく言いたくないというミリさん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.