くらし情報『家庭料理のおいしさを伝える本『まねしたくなる 土井家の家ごはん』』

2018年5月7日 18:45

家庭料理のおいしさを伝える本『まねしたくなる 土井家の家ごはん』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『まねしたくなる 土井家の家ごはん』。

旬の素材を大切にした毎日のごはん。料理研究家・土井善晴さんが、土井家の食卓を紹介しながら、簡単でおいしい家庭料理の作り方を伝授します。

家庭料理のおいしさを伝える本『まねしたくなる 土井家の家ごはん』

『まねしたくなる 土井家の家ごはん』
著者:土井善晴
出版社:講談社

毎日のごはんは食べ慣れた味がいい。朝ごはんも晩ごはんも、なんでもない料理がしみじみおいしくて、食卓に並んだいつものおかずにほっとします。

家のごはんの本当のおいしさは、「尻上がりな味」にあるのだそうです。最初の一口めは少し物足りなく感じるかもしれないけれど、食べ進むうちに素材の味を生かした素朴なおいしさに気づく。食べ終わったときには心もからだも満ち足りている——。

本書では、そんな尻上がりの味を楽しめる家庭料理の作り方、味わい方を伝授。四季折々の旬の素材を使ったシンプルでおいしいレシピが満載です。

毎日の暮らしのなかに家庭料理があり、今日、明日のごはんと続いていく。「家庭料理とは、私たちが幸福に生きるための土台なのです」という土井先生の言葉が心にしみます。お味噌汁のなかに、煮魚や青菜のおひたしのなかに、なんでもないふだんの食卓に、尻上がりの味を見つけたくなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.