くらし情報『お肉が柔らかく変身!余った「ヨーグルト」活用アイデア3つ』

2018年5月15日 00:00

お肉が柔らかく変身!余った「ヨーグルト」活用アイデア3つ

目次

・5月15日:今日は「ヨーグルトの日」
・幅広く使える♪「ヨーグルト」活用アイデア3つ
・「ヨーグルトの日」とは?
お肉が柔らかく変身!余った「ヨーグルト」活用アイデア3つ


5月15日:今日は「ヨーグルトの日」

朝食やダイエット中にぴったりな「ヨーグルト」。そのまま食べるだけではなく、シロップやジャム、フルーツなどをトッピングしてアレンジができますが、微妙に余ってしまう…という経験あるあるではないでしょうか?

今日は、余りがちなヨーグルトの活用方法について調べてみました!

幅広く使える♪「ヨーグルト」活用アイデア3つ


  • お肉の下ごしらえ

少量だけ残ってしまった場合は、お肉の下ごしらえとして使用しましょう。

ヨーグルトにお肉を漬け込んでしばらく寝かせると、お肉が柔らかくなるといわれています。乳酸菌の力がお肉の繊維を柔らかくしてくれるんだとか…!

お肉をもっと柔らかくしたいな~と感じるときにぜひ試してみて!


  • お菓子に活用する

続いてのおすすめが、お菓子に活用する方法です。

パウンドケーキや、マフィンなど、生地を作るときにヨーグルトを使用すると、しっとりとした食感に♪

私はパンケーキを作るときにヨーグルトを入れますが、しっとりモチモチの食感になりますよ!

野菜やクラッカーにあわせる「ディップ」としてアレンジする方法もありますよ!

ディップを作る場合は、あらかじめヨーグルトを一晩水切りしておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.