くらし情報『旅情あり!能町みね子の愉快で楽しいローカル線の旅『うっかり鉄道』』

2018年5月31日 18:40

旅情あり!能町みね子の愉快で楽しいローカル線の旅『うっかり鉄道』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『うっかり鉄道』。

能町みね子が日本各地のローカル線をめぐる旅に出る。気ままな旅の醍醐味にあふれた一冊をどうぞ。

旅情あり!能町みね子の愉快で楽しいローカル線の旅『うっかり鉄道』

『うっかり鉄道』
著者:能町みね子
出版社:幻冬舎

旅が好き。鉄道が好き。各駅停車が好き。古い駅舎が好き。

能町さんはいつも計画を立てずに旅に出て、気になる駅があったら降りてみる。なにより「途中の駅」を味わうのが好きなのだそうです。

著者と担当編集者がふたり旅。計画性不十分にローカル線をめぐります。鉄道の高架下に広がる異空間、工場と工場の真ん中を縫って走る電車、北国の駅の琺瑯看板、山あいの集落にある無人駅……。わび・さびの世界に旅情が漂います。

能町さんがフリーハンドで描いた鉄道路線図が美しい。この駅と駅のあいだにはどんな風景が広がっているんだろう。路線図を眺めているとワクワクしてくる。途中の駅に降り立ってみたくなります。

能町みね子さんの本、以前ご紹介したこちらもぜひどうぞ。
*『きまぐれミルクセ〜キ 能町みね子の純喫茶探訪』

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.