くらし情報『英語にもあるの?避難訓練の標語「お・か・し」』

2018年6月20日 04:00

英語にもあるの?避難訓練の標語「お・か・し」

週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

目次

・英語にもあるの?避難訓練の標語「お・か・し」
・“Stop, Drop and Roll”(=「止まれ、倒れろ、転がれ」)


非常口


英語にもあるの?避難訓練の標語「お・か・し」

日本の避難訓練でよく聞く、こんな標語を覚えていませんか?

「お・か・し」

つまり、「おさない・かけない・しゃべらない」の頭文字から成り立っています。さらに「もどらない」を加えた「おかしも」という言い方もあるようです。

規律正しく素早い避難がもとめられる日本では、集団で避難するときの注意事項を伝えています。

これがアメリカではどうでしょうか?

アメリカでは

“Stop, Drop and Roll”(=「止まれ、倒れろ、転がれ」)

という表現があるのです!

ただし、これは火災を想定したもののため、避難というよりは、実際に着火してしまったときの対処法を伝えています。

ちなみにここでの”drop”は、人が疲れたり傷ついたりして「(急に)倒れる」という意味で使われています。

集団で整列して静かに避難するのは、日本ならではの光景かもしれませんね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.