くらし情報『「I have a plan」はNG!?単数と複数で意味がちがう英単語5選』

2018年7月11日 04:00

「I have a plan」はNG!?単数と複数で意味がちがう英単語5選

週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

目次

・「I have a plan」はNG!単数と複数で意味が変わる英単語5選
・Sorry, I have plans for lunch today.(=すみません、今日のランチは予定があるんです)
・work(仕事)⇔ works(作品)
・manner(態度)⇔ manners(礼儀作法)
・paper (紙)⇔ papers (書類)
・people (人々)⇔ peoples (民族)


単数形?複数形?


「I have a plan」はNG!単数と複数で意味が変わる英単語5選

「予定があります」と言いたい時に使われがちな、”I have a plan.” 。実は、ちょっと間違った言い回しになっています。

”a plan” は「(何かを達成するための)計画・戦略」という意味になります。単に「予定」と言いたい場合には、次の例文のように、複数形の ”plans” が使われます。

Sorry, I have plans for lunch today.(=すみません、今日のランチは予定があるんです)

このように、複数形の「-s」を付けることで、意味が変わる単語があります。

例えば

work(仕事)⇔ works(作品)

manner(態度)⇔ manners(礼儀作法)

paper (紙)⇔ papers (書類)

people (人々)⇔ peoples (民族)

単数形、複数形、両方の意味をしっかりと理解して、使い分けていきたいですね!

(記事協力:シャドースピーキング事務局)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.