くらし情報『知りたかった!夏に便利な「マグボトル」お手入れ方法と長持ちのコツ』

2018年8月10日 04:00

知りたかった!夏に便利な「マグボトル」お手入れ方法と長持ちのコツ

塩素系・酸素系漂白剤を使用できるものが多いそうです(※お持ちのマグボトルの取扱説明書でご確認くださいね)

つけ置き洗いのあとしっかり漂白剤を洗い、乾燥させたら、キャップに取り付けるのを忘れずに!

なお、「パッキン」が破損したりゴムが劣化していると、中の水分が漏れる原因になります。「パッキン」だけ別売りで買えるマグボトルも多いので、お持ちのマグボトルの販売または製造元で調べてみてくださいね。

汚れやニオイが気になる時は…

知りたかった!夏に便利な「マグボトル」お手入れ方法と長持ちのコツ


すでにお持ちのマグボトルの本体やキャップの汚れが気になるなら、酸素系の漂白剤を本体に入れて、キャップを取り付けずに30分放置したあと、よく洗ってください。サビや故障の原因になるので、つけ置き洗い、また、塩素系漂白剤の使用はNGなのだとか!

それでも汚れが気になる場合は、下の方法を参考にしてみて。


  • 本体の内側に赤サビが付いたとき

赤サビは、水に含まれる鉄分が付着したもの。中にお湯を入れて、酢をお湯の10%ほど加えたら、キャップをつけずに1時間放置したあとよく洗ってみてください。


  • 本体の内側にザラザラしたものが付いたとき

水に含まれるカルシウムなどが付くと、ザラザラすることがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.