くらし情報『知りたかった!夏に便利な「マグボトル」お手入れ方法と長持ちのコツ』

2018年8月10日 04:00

知りたかった!夏に便利な「マグボトル」お手入れ方法と長持ちのコツ

その場合は、本体の中にお湯を入れて、クエン酸を10%加えます。約3時間放置してから、よく洗ってください。

お手入れをするときの注意!


  • 変形や故障の原因になる、煮沸・熱湯消毒、食洗機や乾燥機の使用、シンナー類・クレンザー類・金属タワシ類の使用も止めましょう。


  • また、夏場の水分補給に良いスポーツ飲料には、腐食の原因になる塩分が含まれているので、使用後にはすぐにお手入れすることをおすすめします!

「マグボトル」を長持ちさせるコツ

知りたかった!夏に便利な「マグボトル」お手入れ方法と長持ちのコツ


マグボトルを長く快適に使うためには、お手入れも大切ですが、中に入れるものに気をつけるのもポイントだそう。

ボトルの中に入れない方が良いものはこちらの4つ。


  • ドライアイス・炭酸飲料…内圧が上がり、キャップが開かなくなる、飲料が吹き出す、キャップが破損し飛び散る原因になります。


  • 牛乳・乳製品・果汁など…そのまま放置した場合、腐敗や変質の原因に。また、飲料物からガスが発生した場合、内圧が上がり、キャップが開かなくなる、吹き出す、キャップが破損し飛び散るなどの原因になります。


  • みそ汁・スープ等の塩分を含んだもの…「フードジャー」は味噌汁などを入れるように設計されたものなので大丈夫です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.