くらし情報『怖い夢は見たくない!寝苦しい夏に「心地よく眠る」ヒント3つ』

怖い夢は見たくない!寝苦しい夏に「心地よく眠る」ヒント3つ

2018年8月13日 00:00
 

目次

・8月13日:今日は「怪談の日」
・暑い夏もぐっすり♪心地よく眠れる工夫3つ
・【1】寝る環境を工夫する
・【2】うつ伏せで寝る
・【3】アルコール摂取、食べた直後に寝ない
・「怪談の日」とは?
心地よく眠る女性


8月13日:今日は「怪談の日」

夏の夜の醍醐味でもある(!?)怪談話。旅行先やお泊まり会などで盛り上がりますよね〜。

でも、寝る時に思い出すと、うまく寝つけなくなってしまうことも…。でも真夏の夜は、例え怖い話を思い出さなくても、暑さで寝苦しく、うまく眠れない事が多いですよね。

今日は、暑い夏の夜、怖い夢を見ず、心地よく眠るためのヒントを調べてみました☆

暑い夏もぐっすり♪心地よく眠れる工夫3つ

【1】寝る環境を工夫する

実は寝ているときの環境や体勢が悪いと、怖い夢をみてしまう可能性が高まるのだとか!

寝室が明るすぎたり、寝るときにテレビやラジオをつけたままにしたり、寝室が暑いと、脳や体が落ち着かない環境に敏感に反応してしまうので、怖い夢をみる原因になってしまうそう…

音や明かりを落とすだけでなく、枕カバーやシーツを清潔に保って、清潔な環境を整えることも、快適な眠りにつながるといわれていますよ♪

【2】うつ伏せで寝る

実は、「うつ伏せ寝」も、怖い夢の原因になることがあるんだとか!

体が圧迫されて苦しい状態になってしまうことで、夢に影響してしまうそう。

とはいえ、自分が落ち着く体制は人それぞれなので、仰向けにこだわらず、できるだけ自分がリラックスできる姿勢で寝るとよさそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.