くらし情報『実は甘くない!?ホテルの「スイートルーム」の意味とは』

2018年9月5日 04:00

実は甘くない!?ホテルの「スイートルーム」の意味とは

週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

ホテルのスイート


実は甘くない!?ホテルの「スイートルーム」の意味

一度は泊まりたい、ホテルの「スイートルーム」。この正しい意味をご存じでしょうか?

“sweet”=甘いで、ハネムーンで泊まるような高級な部屋だと思っていませんか?

実は、英語で正しくは “a suite” と言い、これは、「一続きの部屋」や「ひとそろい」を意味します。

ですので、実は英語では “room”を付ける必要もありません。つまり「スイートルーム」という言い方は、和製英語とも言えます。

“a suite” は、寝室やリビングなどの他の部屋が一続きになっている部屋なので、もちろん、普通よりはグレードが上の部屋を指します。

でも、Sweetな部屋、という意味ではありませんので、覚えておいてくださいね♪

(記事協力:シャドースピーキング事務局)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.