くらし情報『駆け引きはしない!大胆に一途に生きる女性たちの本、オススメ3冊』

2018年10月2日 18:40

駆け引きはしない!大胆に一途に生きる女性たちの本、オススメ3冊

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、大胆に一途に生きる女性たちの本。

どんな時も夢に向かって前を向いて生きていく。まっすぐに失敗を恐れずに。そんな女性たちの生き方に憧れます。

目次

・一途に生きる。
・個性派女優として花開く。
・伝説の下着デザイナー。


大スター・浅丘ルリ子さんのドラマチックな人生を描いた物語や黒柳徹子さんの自伝など、とっておきの3冊を選びました。朝読書に本を開けば、きっとポジティブなパワーがもらえます。

一途に生きる。

作家の林真理子が女優・浅丘ルリ子の恋と半生を描いた小説。昭和30年代、日活の看板女優として一年に10本以上もの映画に出演。ルリ子は輝かしい青春の日々を駆け抜け、華麗な恋愛遍歴を重ねていきます。そんな彼女にとって恋はいつも駆け引きのない純愛でした。

ルリ子の優しさや飾りのなさ、ひとりの美しい女性の一途な生き方に魅了される一冊です。

駆け引きはしない!大胆に一途に生きる女性たちの本、オススメ3冊

『RURIKO』
著:林真理子
出版社:角川書店

個性派女優として花開く。

草創期のテレビ界で女優として大活躍した黒柳徹子さん=「トット」の自伝エッセイ。トットはNHKの専属俳優の募集に応募しに合格したものの、毎日怒られたり笑われたり。個性は引っ込めてと言われ続けたけれど、底抜けに明るくて大胆な徹子さんは女優としての道を踏み出し、その強烈な個性で光り輝くのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.