くらし情報『日々の暮らしはさじ加減!生きるのがラクになる本『ずぼらとこまめ』』

2018年12月20日 18:00

日々の暮らしはさじ加減!生きるのがラクになる本『ずぼらとこまめ』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『ずぼらとこまめ』。

ブランディングディレクターとして活躍する福田春美さんが「ずぼらしながらこまめする」暮らし方、生き方を紹介。ずぼらな自分もこまめな自分も、両方あっていいと思える一冊です。

日々の暮らしはさじ加減!生きるのがラクになる本『ずぼらとこまめ』

『ずぼらとこまめ』
著者:福田春美
出版社:主婦と生活社

毎日、ずぼらとこまめの両極を行ったり来たり。もともとめんどくさがりだという福田春美さんが実践するのは、ずぼらでもありこまめでもある暮らし方。すべてがていねいとはいかないけれど、ずぼらしながらこまめする暮らしは、案外心地がいいのです。

たとえば、福田さんが一日の大半を過ごすキッチンでは、持ち前のずぼら力を発揮して、なべやざるは掛けっぱなし、うつわは出しっぱなしでストレスがない。一方、ガスレンジの汚れは使うたびにこまめにケアをし、料理の下ごしらえは丹念にする。自分のための食事はずぼら飯だけれど、ホームパーティではコース仕立てのお料理をふるまう。そのどちらも楽しんで作るのだそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.