くらし情報『台所に立ち続けるということ。女優・沢村貞子の『わたしの献立日記』』

2019年1月9日 18:00

台所に立ち続けるということ。女優・沢村貞子の『わたしの献立日記』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『わたしの献立日記』。

女優・沢村貞子さんが長年にわたってノートに書きとめた献立日記です。毎日のごはんづくりやこざっぱりした暮らしのヒントが詰まった一冊をどうぞ。

台所に立ち続けるということ。女優・沢村貞子の『わたしの献立日記』

『わたしの献立日記』
著者:沢村貞子
出版社:中央公論新社

台所の棚には二個のけずり箱。一つは、新しくおろした鰹節の皮や血合いのところをたっぷり削って出しをとるためのもの。もう一つは、ほうれん草のおひたしや湯豆腐に欠かせない花かつお用に。台所の柱には寒暖計。その日の温度次第で献立を変え、漬物をするのに役立てた。

どんなに忙しくても毎日台所に立ち続けた沢村さん。「広くはないけれど、明るい台所」で、楽しげにおそうざいをこしらえる姿が目に浮かんできます。

仕事に疲れ、今日の献立が浮かばない。そんなときは、去年の今頃はどんなものを食べていたのかとノートをめくる。するとたちまちいい案が浮かんで、その日の晩ごはんのお膳の上に季節のものが並んだのだそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.