くらし情報『人を操る魔性の女の正体は?有吉佐和子の傑作小説『悪女について』』

2019年1月13日 13:30

人を操る魔性の女の正体は?有吉佐和子の傑作小説『悪女について』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、有吉佐和子のドラマチックな小説『悪女について』。

謎の死をとげた女実業家・富小路公子のスキャンダラスな一生を描いた作品。27人のインタビューから浮かび上がる公子の正体とは……。

人を操る魔性の女の正体は?有吉佐和子の傑作小説『悪女について』

『悪女について』
著者:有吉佐和子
出版社:新潮社

富小路公子の本当の姿を誰も知らない。誰かにとっては奥ゆかしく清純な女性。一輪の白百合のような人、捨て犬を抱いて涙を流した人、心の綺麗な人……。悪女だなんてとんでもない。天女のようだと語る人さえいる。

けれど、彼女と関わりのあった27人の男女が公子の人物像について語るうち、そのとんでもない裏の顔が次第に明らかになってきます。何人もの男を手玉にとって虜にする公子。男心を巧みに操りながらも、相手にちらりとも気づかせない。その手際の良さ、鮮やかさといったら。

ころりと騙されてしまうのは女も同じ。男も女も虜にしてしまう公子の魅力とはなんなのでしょう。いろいろな人を騙してしたたかにのし上がり、実業家として大成功したのは事実だけれど、どこか可愛らしくて憎めない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.