くらし情報『大切なのは受け取りやすさ!?職場で喜ばれる「バレンタインチョコ」の渡し方』

2019年2月14日 00:00

大切なのは受け取りやすさ!?職場で喜ばれる「バレンタインチョコ」の渡し方

渡すのによい「タイミング」は?

チョコを渡すタイミングは、出社をしたときやお昼休みなど、勤務の邪魔にならないタイミングを狙うと渡しやすいそう。

朝一番に「美味しいチョコで血糖値を上げて、1日お仕事頑張りましょう!」なんて言葉を添えて渡すのもすてきですよね。

もし、みんながいないところでこっそり渡したい…という場合は、終業後のタイミングをねらってみて。

ただ、外出先からそのまま直帰…ということもあるので、外出することが多い職種の男性には、やはり早めの時間に渡すのが安心かもしれませんね♪

義理チョコは「食べやすさ」を優先!

義理チョコはあくまで日頃を感謝を込めて渡すもの。凝ったラッピングや、サイズが大きいものだと受け取った相手も「重いな…」と思ってしまうかも!?

仕事中でも食べられるよう、個包装になっていて一口サイズで食べやすいもの、パクっと口に入れやすいシンプルなものがよさそうですね。逆に、食べやすさよりも、見た目でインパクトがあるものや、思わず笑ってしまうようなビジュアル優先で選ぶのも楽しいかも…!

*****

いかがでしょうか?

義理チョコでも本命チョコでも、平日に職場でバレンタインを渡す場合は、できるだけ相手に負担を感じさせないような渡し方にするのがベター。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.