くらし情報『うちのごはんが好き!毎日の食事の楽しみを伝える本、オススメ2冊』

2019年2月11日 17:30

うちのごはんが好き!毎日の食事の楽しみを伝える本、オススメ2冊

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、毎日の食事の楽しみを伝える本。

目次

・いろいろな味と出会う。
・おいしさのひみつ。


おいしいってなんだろう。私の味ってどんなもの…?考え出すときりがないから、まずはおいしいもの食べて。日々の食事のこと、いろいろな味のこと、おいしい話がいっぱいつまった楽しい本をセレクトしました。毎日のごはんを見つめ直すための2冊です。

いろいろな味と出会う。

平松洋子が食について語りつくした本。若い人たちに向けて書かれていますが、大人にも読み応えじゅうぶん。子どもの頃に大好物だったもの、苦手だったあれこれに思いをはせて楽しめます!

無人島にひとつだけ野菜を持っていくとしたら?平松さんは「れんこん」を持っていくそうです。旅先で知った世界各国の食べもの、楽しみだった給食やお弁当の話も。おにぎりもお味噌汁もカレーライスも家庭の味があって、それがひとりひとりの味覚を作っていく。おいしさいっぱいの一冊です。

うちのごはんが好き!毎日の食事の楽しみを伝える本、オススメ2冊

『ひとりひとりの味』
著者:平松洋子
出版社:イースト・プレス


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.