くらし情報『教えてドクター!大人の「ゆらぎ肌」の真実。ダブル洗顔はすべき?』

2019年3月1日 12:00

教えてドクター!大人の「ゆらぎ肌」の真実。ダブル洗顔はすべき?

先生/関東裕美(東邦大学医療センター大森病院 教授)

—-花粉症有病率は年々増加し、4人にひとりが花粉症とも言われています。季節の変わり目は体調だけでなく肌の調子も悪くなりがちですが、それは花粉の影響によるものなのでしょうか。まずは、なぜこの時期は肌がゆらぐのか、肌トラブル治療のエキスパート、関東裕美先生に伺いました。

目次

・バリア機能を低下させるダブル洗顔は30歳までがベター
・不安定な季節こそじっくり肌を観察
・こちらもおすすめ


教えてドクター!大人の「ゆらぎ肌」の真実。ダブル洗顔はすべき?


バリア機能を低下させるダブル洗顔は30歳までがベター

三寒四温という言葉のとおり、冬から春へと向かうこの時期は寒さが戻ったり、暖かくなったり、気温が不安定になりますよね。ゆらぎ肌というのは、季節の変わり目に起こる気温や環境の変化に伴い、肌が一時的に敏感になっている状態のこと。乾燥した冬の外気によって肌のバリア機能が低下しているところに、紫外線や花粉などの外的刺激と、異動や引越しといった環境の変化によるストレスが加わることで、肌が赤くなったり、かゆくなったり、ニキビができたりするのです。

間違ったケアも肌がゆらぐ一因です。メイクをするようになって最初に覚えたダブル洗顔を、今も続けていませんか? 加齢による肌の変化を大なり小なり実感しているにもかかわらず、肌のコンディションや季節によって洗い方を変えない人が多いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.