くらし情報『小さな住まい、小さい暮らしのヒントが見つかる本『木洩れ日の庭で』』

2019年2月26日 14:15

小さな住まい、小さい暮らしのヒントが見つかる本『木洩れ日の庭で』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『木洩れ日の庭で』。

八ヶ岳のふもとに住むランドスケープ・デザイナーが、森の小さな暮らしをつづったフォトエッセイ集です。四季折々の自然のなかでの過ごし方に、シンプルライフのヒントが見つかります。

小さな住まい、小さい暮らしのヒントが見つかる本『木洩れ日の庭で』

『木洩れ日の庭で』
著者:中谷耿一郎
出版社:TOTO出版

八ヶ岳の南斜面、雑木林のなかにある小さな家は、まわりの風景にしっくりと溶け込んでいる。庭に咲く野草や木々の木漏れ日が美しい。

著者はこの土地を手に入れた時、できるだけ土地の形質を残し、森の暮らしや風景にあった家を建てました。はじめは週末や長い休みを利用してこの家に通っていたけれど、あまりの居心地のよさに八ヶ岳で過ごす日々が増え、とうとう移住することにしたのだそうです。

「森の家としての大らかさと気持ちよさ」をもつ家はいたってシンプルなつくりです。リビングルームには家族が集う大きなテーブルが置かれ、長年にわたって家族の日々の暮らしを支え続けてくれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.