くらし情報『何となくだるい…が続いてない?寒暖差でおこる「春バテ」解消のヒント』

2019年3月7日 00:00

何となくだるい…が続いてない?寒暖差でおこる「春バテ」解消のヒント

目次

・3月7日:今日は「すたみな太郎の日」
・何となくだるい…が続いてない?寒暖差でおこる「春バテ」解消のヒント
・「すたみな太郎の日」とは?
春バテ


3月7日:今日は「すたみな太郎の日」

ここ数日関東では、春の陽気と冬らしい寒さがいったりきたり…。おまけに花粉シーズンも到来で、ちょっとお疲れ気味のスタミナ不足さんも多いのでは?

今日は、そんな季節の変わり目に気をつけたい体調管理について調べてみました!

何となくだるい…が続いてない?寒暖差でおこる「春バテ」解消のヒント

ポカポカとした陽気の春は待ち遠しい反面、なんとなく体がだるくなってしまうことも。

その理由は、春の寒暖差によって自律神経の働きが乱れてしまうから(=春バテ)なんだそう!自律神経が乱れると、疲れが抜けきれなかったり、食欲不振、気分が上がらない…といった症状を引き起こしてしまうのだとか。

しかも、新生活シーズンは環境が変わるタイミングでもあるので、メンタル面の浮き沈みも起こりやすくなるそうですよ。

早くも春バテの傾向を感じている人はもちろん、「そういえば昨年のこの時期しんどかったな…」と感じる方は、いつも以上に体調管理を心がけていきたいですよね。

自律神経の働きを良くするため、意識すると良いと言われていることのひとつが「体を温めること」。

体を温めることによって、自律神経のバランスを保っている副交感神経の働きがよくなるそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.