くらし情報『新生活が始まる春!気をつけたい「一人暮らし」防犯対策3つ』

2019年3月18日 00:00

新生活が始まる春!気をつけたい「一人暮らし」防犯対策3つ

目次

・3月18日:今日は「防犯の日」
・新生活が始まる春!気をつけたい「一人暮らし」防犯対策3つ
・【1】家の中に「防犯ベル」を用意しておく
・【2】歩くときは「早歩き」&たまに振り返る
・【3】定期券は「印字画面が見えない」ようにする
・「防犯の日」とは?
新生活が始まる春!気をつけたい「一人暮らし」防犯対策3つ


3月18日:今日は「防犯の日」

進学や就職を機に、4月から一人暮らしを始めるという方も多いと思いますが、不安なのが「防犯」面ですよね…。

今日は、そんな一人暮らしさんはもちろん、通勤・通学で一人で歩くときに意識しておきたい「防犯対策」について調べてみました。

新生活が始まる春!気をつけたい「一人暮らし」防犯対策3つ

【1】家の中に「防犯ベル」を用意しておく

玄関や窓の鍵をしっかりと閉めていても、いつ何が起きるか本当に分かりません。窓を強化したり、鍵を増やすことはもちろんですが、家のあちこちに防犯ベルを準備しておくことがおすすめといわれています。

万が一誰かが家に侵入した場合も、防犯ベルを鳴らすと音で逃げる可能性が。とくに玄関先に置いておくといいのだそう。

「防犯ベル=持ち歩くもの」という認識が強かったですが、家の中ですぐに手が伸びる場所に置いておくのも大切なんですよね…!

玄関、リビング、寝室など、数カ所にぜひお置いてみてくださいね。

【2】歩くときは「早歩き」&たまに振り返る

物を準備するだけではなく、歩いているときも注意が必要。

だらだらと歩くのは、特に人通りの少ない場所ではとっても大変危険…!スタスタと背筋を伸ばして歩き、途中で後ろを振り返るなどが大切なのだそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.