くらし情報『体調を崩しやすい新生活シーズン。ぐっすり眠るための夜習慣3つ』

2019年3月19日 00:00

体調を崩しやすい新生活シーズン。ぐっすり眠るための夜習慣3つ

目次

・3月19日:今日は「眠育の日」
・体調を崩しやすい新生活シーズン。ぐっすり眠るための夜習慣3つ
・「入眠儀式」を作る
・「食事」の時間を見直す
・「寝室」空間にこだわる
・「眠育の日」とは?
体調を崩しやすい新生活シーズン。ぐっすり眠るための夜習慣3つ


3月19日:今日は「眠育の日」

年度末の忙しさや環境の変化などで、ココロがそわそわしたり、体調不良になりやすい新生活シーズン。「よく眠れない」「目覚めが悪い」という方も多いのでは?

快眠できない状態が続くと、疲れがとれにくくなり、日中ずっとだるかったり、ぼーっとしてしまうことも。

今日は、季節の変わり目にぐっすりと眠るべく、夜寝る前にやりたいことを調べてみました♪

体調を崩しやすい新生活シーズン。ぐっすり眠るための夜習慣3つ

「入眠儀式」を作る

明かりや寝具、食事…安眠するコツにはいろいろなものがありますが、自分にとっての「入眠儀式」を作ることも効果的なのだとか。

「私は○○をしたら自然と眠れる」という習慣があればそれだけで安心できますし、無理なく眠れる一歩なんだとか!

例えば、お風呂上がりにハーブティーを飲んだり、部屋を暗くしたり、リラックスできるアロマを焚いたり。日記を書いたり、明日の服を準備する、明日の仕事でやるべきことを確認する、といった習慣もOK

自分にとっての入眠儀式を決めたら、それを毎日続けてみて。そうすることで、「○○をしたらもう寝る時間だ!」と体が反応し、眠くなることがあるそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.