くらし情報『料理以外にも使えてかわいい♪集めたくなる「豆皿」の魅力2つ』

2019年4月13日 00:00

料理以外にも使えてかわいい♪集めたくなる「豆皿」の魅力2つ

目次

・4月13日:今日は「一汁三菜の日」
・料理以外にも使えてかわいい♪集めたくなる「豆皿」の魅力2つ
・【1】和洋問わず使える!
・【2】料理以外にも使える
・「一汁三菜の日」とは?
料理以外にも使えてかわいい♪集めたくなる「豆皿」の魅力2つ


4月13日:今日は「一汁三菜の日」

一汁三菜は、理想的な和食の献立と言われ、一汁はみそ汁やスープ一品、三菜はおかず三品(主菜、副菜、お漬物など)をさします。

一汁一菜を意識すると、見た目だけでなく栄養のバランスも自然と整いやすいのだとか。

さて、一汁三菜でなくとも、特に和食を食べるときは食卓でいろいろなお皿を使いますよね。今日は、そんなお皿の中でも、最近Instagramでもよく見かける人気の「豆皿」の魅力をご紹介します。

料理以外にも使えてかわいい♪集めたくなる「豆皿」の魅力2つ

小さなサイズ、かわいい見た目が大人気の豆皿。小皿の中でもサイズが特に小さく、丸皿や角皿、お花などたくさんのモチーフがあるのが特徴です。

豆皿を使うと、テーブルコーディネートがパッと華やかになるんですよね。そんな豆皿の魅力というと…

【1】和洋問わず使える!

豆皿は、ちょっとした副菜を盛り付けることが多いですが、お醤油やドレッシングを入れたり、漬物や佃煮、そしてチョコレートやクッキーなどのスイーツを入れるのにもぴったり!

お食事だけでなくお茶の時間、コーヒーカップの横にちょっとスイーツを添えるなど、おもてなしのあらゆるシーンで便利に活躍してくれますよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.