くらし情報『なんとなくだるい…には要注意!「五月病」治し方のヒント3つ』

2019年5月16日 00:00

なんとなくだるい…には要注意!「五月病」治し方のヒント3つ

目次

・5月16日:今日は「抗疲労の日」
・なんとなくだるい…には要注意!「五月病」治し方のヒント3つ
・【対処1】規則正しい生活を取り戻そう
・【対処2】趣味に没頭をする
・【対処3】誰かと一緒に過ごす
・「抗疲労の日」とは?
だるさを感じる女性


5月16日:今日は「抗疲労の日」

疲労といえば、このシーズンは「五月病」になる方が増えると言われていますよね。

自分には関係ないと思っている方でも、「そういえば最近体がだるいな」「どうもやる気が出ないな」と感じていることがあるかも?そんなときは、要注意です!

今日は「五月病」になったときの対処方法、治し方のヒントを調べてみました。

なんとなくだるい…には要注意!「五月病」治し方のヒント3つ

4月に始まった新生活&新年度。気を張って毎日頑張っていたけれど、長い連休を挟んで緊張の糸がプツンと切れてしまった…。

そんな方がかかってしまう病気が「五月病」です。

体がだるかったり、朝なかなか起きられなかったり、頭痛やめまいがしたり。

五月病はそんな体の不調だけでなく、「やる気が出ない」「憂鬱でつらい」など心の不調も出てきてしまうので、お薬だけでなく生活環境や人間関係の見直しも含めてケアすることが大切といわれていますよ。

【対処1】規則正しい生活を取り戻そう

体がだるい、朝起きられない、といった症状を改善したいなら、まずは規則正しい生活リズムを取り戻しましょう。

連休の影響で夜更かしが習慣化してしまったという場合は、まずは寝る時間と起きる時間を決めて、時間になったら眠たくなくてもベッドに行く、眠たくても起きるようにしてみて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.