くらし情報『ひと手間でもっちり食感に♪「トースト」をおいしく焼くコツ3つ』

2019年6月13日 00:00

ひと手間でもっちり食感に♪「トースト」をおいしく焼くコツ3つ

目次

・6月13日:今日は「王様の食パンの日」
・ひと手間でもっちり食感に♪「トースト」をおいしく焼くコツ3つ
・焼く前に「霧吹き」をかける
・食パンの表面に「切り込み」を入れる
・トースターを「予熱」であたためておく
・「王様の食パンの日」とは?
ひと手間でもっちり食感に♪「トースト」をおいしく焼くコツ3つ


6月13日:今日は「王様の食パンの日」

朝の定番食材のひとつ「食パン」♪トーストにしたりサンドイッチにしたり、フレンチトーストにしたり!飽きない味わいで幅広いアレンジができる点が魅力ですよね。

最近は製法や素材にこだわりぬいた「高級食パン」がブームになっていますが…コンビニやスーパーで手軽に買える食パンでも、ひと手間でおいしくトーストすることができますよ!

今日は、トーストをモッチリ&サクサク食感に焼き上げるコツを調べてみました☆

ひと手間でもっちり食感に♪「トースト」をおいしく焼くコツ3つ

焼く前に「霧吹き」をかける

まずは、食パンに霧吹きで水をかけてから焼くこと!

朝時間.jpの記事で以前も紹介されていましたが、パンは焼いたあと時間が経てば経つほど、生地の水分が失われてもっちり食感が少なくなるといわれています。

(なので買ってから食べるまでに時間がかかるときは、すぐに冷凍して乾燥を防ぐのがよいのだとか)

その水分を補うべく、霧吹きで湿らせてから焼くと、もっちり食感が戻りやすくなるそうです。

霧吹きは、片面だけでなく両面、そして耳にもしっかりかけてOK

ちなみに霧吹きがない場合は、お皿に水をはり、食パンの表面をさっと濡らしてもよいのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.