くらし情報『心が折れそうなときにオススメ。能町みね子さんのエッセイ集『逃北』』

2019年7月17日 18:00

心が折れそうなときにオススメ。能町みね子さんのエッセイ集『逃北』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『逃北』。

エッセイスト・イラストレーターの能町みね子が、北海道や東北、グリーンランドなど「北」への旅をつづったエッセイ。イラストもたっぷり、千葉雄大との対談も楽しめます。

心が折れそうなときにオススメ。能町みね子さんのエッセイ集『逃北』

『逃北つかれたときは北へ逃げます』
著者:能町みね子
出版社:文藝春秋

キツいこと、イヤなことがあったとき、著者がいつも行きたくなるのは北。降り積もる雪や冷たい空気が、都会の暮らしに疲れた心と体をリセットしてくれる。

大学の卒業旅行で初めて北へ目覚めてから、北海道や東北に魅せられてきた能町さん。会社を辞めようと思ったときや三十歳の誕生日など、人生の大事な節目に向かった先は北でした。

旅するというよりは住んでみたい。その土地に暮らす自分を想像しながら、街を歩いて、喫茶店に入って、また散歩して。商店街を自転車でめぐり、図書館にも入ってみます。各駅停車でゆっくり移動するから、地元のおばちゃんや高校生の会話もよく聞こえてきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.