くらし情報『実際にみんなどうやって食べてるの!?現代の「うなぎ」事情』

2019年7月27日 00:00

実際にみんなどうやって食べてるの!?現代の「うなぎ」事情

目次

・7月27日:今日は「土用丑の日」
・実際にみんなどうやって食べてるの!?現代の「うなぎ」事情
・朝ごはんでも楽しめる!「いわしの蒲焼オープンサンド」
・「土用丑の日」とは?
うな丼


7月27日:今日は「土用丑の日」

夏の「土用の丑の日」といえば、疲労回復や夏バテ解消に効果があると言われる「うなぎ」が定番ですが、皆さん、毎年うなぎを食べていますか…?

今日は、うなぎを食べている人の割合や人気メニュー、意外な楽しみ方など、現代のうなぎ事情についてご紹介します♪

実際にみんなどうやって食べてるの!?現代の「うなぎ」事情

万能調味料「蒲焼きのたれ」のメーカーである万城食品PR事務局が実施した昨年の調査によると、20~60代の女性1677人のうち「土用の丑の日にうなぎを食べた」と回答したのは42%だったそう。

約半数の女性が、「土用の丑の日」に実際にうなぎを楽しんでいるんですね!

そして、実際に食べたメニューは、「蒲焼」「うな重」「うな丼」など。白焼きやお寿司などでも楽しめるうなぎですが、やはり丑の日には定番の「蒲焼き」味を楽しむ方が多いようです。

逆に、半数以上の女性はうなぎを食べていないということになりますが、これはやはり近年のうなぎの価格高騰が影響しているのかも。

特に国産のうなぎは値段が高く、なかなか気軽に手が出せませんよね…。

そんなうなぎの価格高騰にあわせ、ここ数年、うなぎ以外でも蒲焼が楽しめる代替商品やレシピが増えているそうです!

例えば


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.