くらし情報『安心するのはまだ早い!残暑も気をつけたい熱中症対策2つ』

2019年8月23日 00:00

安心するのはまだ早い!残暑も気をつけたい熱中症対策2つ

目次

・8月23日:今日は「処暑」
・安心するのはまだ早い!残暑も気をつけたい熱中症対策2つ
・水分補給はこまめに!
・クーラー・扇風機を上手に活用!
・「処暑」とは?
残暑に外を歩く女性


8月23日:今日は「処暑」

二十四節気のひとつ「処暑」。この時期から暑さが峠を越えて、少しおさまるといわれています♪

さて、猛暑がようやくおさまると聞くと安心してしまいますが、まだまだ油断禁物なのが、熱中症!ちょっと涼しくなった残暑に熱中症になる人も多いそうですよ!

今日は、残暑になっても気をつけたい熱中症対策の基本について調べてみました☆

安心するのはまだ早い!残暑も気をつけたい熱中症対策2つ

水分補給はこまめに!

残暑になると朝晩が涼しくなり「もうすぐ秋だな~」と感じる日が増えてきますよね。それと同時に、真夏に比べて水分摂取量が減っている…なんてことはありませんか?

気温が少し下がって真夏日になることは減っても、まだまだ夏日のような気温がつづく8月下旬~9月は、こまめな水分補給が必須!

ご自身はもちろんお子さんにも、夏と同じくらいお水やお茶を持ち歩いて、脱水症状に注意してくださいね。

夏に冷たいものを飲みすぎて胃腸が弱っている可能性もあるので、胃腸ケアや冷え対策のためには、氷を抜いたり、常温のものがおすすめです。

クーラー・扇風機を上手に活用!

今年は梅雨明けが例年に比べぐんと遅かったせいか、8月の猛暑日はよけい厳しく感じた方も多いのでは?

真夏に常にクーラーを稼働させていた分、少し涼しい残暑は使用を控えようかな…と思う方もいるかもしれませんが、残暑もまだまだ暑い時期なので、クーラーや扇風機は上手に活用しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.